アウトドアを中心とした趣味のブログ


by iida19861986

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
釣り
写真
未分類

外部リンク

北海道の魚達



カラフトマス Pink salmon
ニジマス Rainbow trout
アメマス White-spotted char

タグ

その他のジャンル

画像一覧

真冬のビックレインボー

昨年、我が家の家族が一人増え、家族中心の時間が多くすごしていたが、少し余裕も出てきたため、今年の一月から本格的に真冬のニジマスへのチャレンジを決めた。

何故ニジマスかというと、理由は近いからである。

日曜日のたった3時間(移動時間を含む)。

これが一週間の中に設けた自分の時間。この時間を生かすも殺すも自分しだい。

短時間の中でいかに結果を出すか、毎回考え、実践して、出てきた問題や可能性を次回にいかすといった事を繰り返し、一ヶ月。

やっと結果を出すことができた、それが先日のニジマス50up。

それから一ヶ月。

確実性のあるポイントの発見とパターンの確立まで至る。

そして、嫁と子供が実家に一時的に帰省し、最大のチャンスがおとづれる。

しかしながら、そこまでアプローチするには腰まである雪とその距離が立ちはだかっていた。

一回入ると出るまでに4~5kmは平気である区間。

さすがに自分ひとりでは何かあった時のことを考えると恐ろしい。

そこで今回は札幌の友人に協力を依頼。

f0239659_0103884.jpg


彼は大学の研究、釣り仲間。

心の土台、体力、技術。釣りに必要な要素は全て持っている。

とくにその心の強さには毎回助けられている。積丹沖にカヤックでブリを狙うという挑戦にも快く受けてくれた。しかし、あいにくの天気による、暴風と高波に船酔い、全身ずぶ濡れになりながら2時間漕ぎ続けた。結果は本命キャッチはもちろん、その後、一緒にライギョに行くというつわもの。

その時の記事はこちらから↓↓
カヤックフィッシング<ブリ>


そんな彼と暖めておいたポイントに入っていく。

f0239659_011619.jpg


が、いきなりのアクシデント。入渓点から500mほどで友人が川でまさかの渡渉中に転倒。

右半身がずぶ濡れ状態。気温はマイナス14度。

すぐに起き上がり、ジャケットをバサバサと振り、表面を凍らせ、付いた氷を落とす。

問題ない。

??何が問題ないのか理解できなかったが、了解し、続行。

本当はとても寒い状態だっただろうが、精神力でカバーしたのだろう。素晴らしい。

ファーストヒットはそんな彼にやってきた。サクラマスを彷彿とさせる状態の良い40前後のニジマス。
夏場にはそれほどというサイズもこの時期では貴重だ。

f0239659_023428.jpg


f0239659_0235790.jpg


その後、釣り下ること2kmほど。

ついに一つの課題をクリアする瞬間がやってきた。

f0239659_0323186.jpg


f0239659_0325514.jpg


f0239659_033094.jpg


木の下から現れた65cm。

少ない時間でも、工夫して取り組めば結果は付いてくるということを自分にわからせてくれた一尾となった。

さらに、無茶な要求にも付いてきてくれる仲間がいなければ今回の結果はなかった。

今回の釣行に着いてきたくれた彼には感謝しているとともに、その意識の高さに尊敬を覚えた。
[PR]
by iida19861986 | 2013-02-26 00:45 | 釣り